2020.4.15
ISO9001:2015 認証の3年目更新審査を2020年3月に受審し、継続認証されました。
・認定機関:英国認証機関認定審議会(UKAS)
・認証機関:LRQAジャパン
2020.2.14
三菱日立パワーシステムズ(株)高砂工場殿の2019年度原子力加工外注パートナーパトロール審査を受審し、今回もタービンブレード製品について最高レベル"A"評価(原子力製品製造工場として申し分ないレベル)を受けました。
2019.7.22
2019年7月 富士電機(株)火力品質保証課殿の工場品質監査を受審し、「良好(ランクA)」の評価を頂きました。
2019.2.15
三菱日立パワーシステムズ(株)高砂工場殿の2018年度原子力加工外注パートナーパトロール審査を受審し、今回もタービンブレード製品について最高レベル"A"評価(原子力製品製造工場として申し分ないレベル)を受けました。
2018.5.29
東芝エネルギーシステムズ株式会社殿より、蒸気タービン機器ノズル部品の短納期対応及び品質確保が評価され、平成29年度ベストパートナー賞をいただきました。
(約200社中の8社が受賞)
2018.2.9
三菱日立パワーシステムズ(株)高砂工場殿のH29年度原子力加工外注パートナーパトロール審査を受審し、H23年から連続7回、今回もタービンブレード製品について最高レベル"A"評価(原子力製品製造工場として申し分ないレベル)を受けました。
2018.1.24
(株)東芝京浜事業所殿から、組立式ノズルを複数段落受注した。初品確認検査は、「寸法、表面粗度、外観及び組立性も大変良好である」との高評価で合格し、順次製造/納品している。
2017.11.24
2017年10月6日 富士電機(株)発電機事業部川崎工場製造部殿の工場品質監査を受審し、タービンブレード外注工場として認証して頂いた。
早速タービンブレードを複数段落受注して初品の品質立会検査に合格した。今後順次製造/納品していく。
2017.4.21
当社は、品質マネジメントシステムを平成28年10月からISO9001:2015へ変更し、平成29年4月に認証取得しました。
・認定機関:英国認証機関認定審議会(UKAS)
・認証機関:LRQAジャパン
2017.2.9
(株)東芝京浜事業所殿の初品確認検査(FPQ)に合格し、某発電所向けSTG-4段落の量産加工開始の承認を得た。東芝殿から、「寸法、表面粗度、外観共に大変良好である」との高評価を頂きました。
2017.1.13
三菱日立パワーシステムズ(株)高砂工場殿のH28年度原子力加工外注パートナーパトロール審査を受審し、H23年から連続6回、今回もタービンブレード製品について最高レベル"A"評価(原子力製品製造工場として申し分ないレベル)を受けました。
2016.9.14
株式会社東芝殿の品質監査を受審し、当社の品質管理システムが適切に実施されているとの評価を受け、取引先として認定して頂きました。
2015.12.15
タービンブレードの加工時間低減及び品質向上を行うために、
『5軸制御高速ブレード加工機』及び『ハイパーミルソフト』を導入しました。
・メーカ:オークマ
・型 式:BLADE T400
・移動量:1,600mm/400mm/450mm(X軸/Y軸/Z軸)
・主軸回転速度:18,000rpm
2014.12.9
三菱日立パワーシステムズ(株)西澤社長殿より、「当社から納品したブレードの品質管理に優秀な成績を収め三菱日立パワーシステムズ(株)製品の品質確保と信頼性向上に多大な貢献をした。」ことにより、感謝状と優良工場の認定をいただきました。
2014.11.21
ブレード材料の異材混入防止を図るため、蛍光X線分析計(PMI:金属成分元素分析計)を導入しました。
・メーカー:オリンパス株式会社
・名称:DELTAハンドヘルド蛍光X線分析計
・型式:DPO 2000
2014.9.30
韓国某大手メーカの購買、生産技術部門による工場監査を受けました。
監査後、監査責任者から「岡部製作所と共に進みたい。」と前向きの講評がありました。
2014.8.12
三菱日立パワーシステムズ(株)品質保証部の材料管理監査を受けました。高砂工場、長崎工場の監査員殿から「材料管理状況は総括的には良好な管理状況である。」との評価を頂きました。また、蛍光X線分析計(PMI:材料成分分析装置)の導入計画等の当社の取組みも早いと評価されました。
2014.8.8
イタリアエネル(Enel)社Francesco氏の工程監査(昨年に続き2度目)を受け、下記のような評価をされました。
1.工程管理及び工程進捗の状況に満足され感謝された。
2.岡部製作所の技術力を高く評価された。
2014.4.8
ISO9001:2008 認証の3年目更新審査を平成26年2月に受審し、継続認証されました。
・認定機関:日本適合性認定協会(JAB)
・認証機関:LRQAジャパン
2014.4.1
タービンブレード加工の更なるコストダウンを図るために、2頭立型マシニングセンターを自主開発しました。
当社の多頭機械は、6台となりました。
2013.9.5
イタリアエネル(Enel)社の工程監査を受け、下記のような評価をされました。
1.予定より1週間早い工程進捗状況に満足され感謝された。
2.岡部製作所の技術力に満足され、加工状況を撮影された。
3.岡部製作所社長がイタリアエネル社へ招待された。
2013.6.18
三菱重工業(株)原動機事業本部殿のH25年度原子力加工外注パートナーパトロール審査を受け、タービンブレード製品についてH24年と同じくA評価(原子力製品製造工場として申し分ないレベル)を受けました。
2013.2.13
三菱重工業(株)原動機事業本部殿の取引先認定審査を受け、今回もタービンブレード製品について横浜、高砂、長崎地区の取引き先として引き続き認定されました。
2012.9.18
三菱重工業(株)原動機事業本部殿のH24年度原子力加工外注パートナーパトロール審査を受け、タービンブレード製品についてA評価(原子力製品製造工場として申し分ないレベル)を受けました。
2012.6.25
※三次元測定機を増設(2台目設置)
 タービンブレードの翼形状の幾何公差の採用拡大への十分に対応するため、新たに1台追加設置しました。
・メーカ:ヘキサゴン・メトロジー
・型 式:Global Performance 7.10.7
・測定範囲:700×1000×700
・測定精度:1.5+L/300 μm
2012.6.15
※「超々耐熱合金のブレード加工成功!」(国家プロジェクト)
 発電タービンの高効率化を図るために不可欠な超々耐熱合金のタービンブレード加工に成功しました。
2012.3.13
三菱重工業(株)長崎造船所殿から、VE改善による削出し翼のコスト低減達成に対し「パートナーVE表彰/最優秀貢献賞」を受賞しました。
2011.11.25
三菱重工業株式会社から「ビジネスパートナー感謝状」を頂きました。(12社中の1社に選ばれました)
2011.4.20
ISO9001:2008 認証を取得しました。
2011.4.1
再生可能エネルギー発電用部品の製作実績があります。
・風力発電用風車部品
・中小型水力発電用水車ランナー他
*